AZ::Blog はんなり、あずき色。

新ブログへ移転します!

written by overQ

June 6, 2008::Friday

ようやく新ブログが完成しました\(^▽^)/
以下の場所にじわじわ移転します。

新AZ::Blog いやだわ奥さん、やっぱりはんなりあずき色。(仮題)

  +

ふつう、こうした「移転しました!」記事は3行以内なものなんですが、この手の記事って、けっこう人の目によく触れるもの。
せっかくなんで、おもにWindowsXPのユーザの方に向けて、ちょいと情報を。

メイリオってフォントをインストールしてみませんか、という話。
Vistaに入ってるフォントですが、マイクロソフトからXPユーザにも無償提供されています。

ダウンロードの詳細 : Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント

クリアタイプフォントといって、文字のふちがなめらか。
メイリオは「明瞭」ってことらしいです。ヘンな命名。

クリアタイプの設定の仕方は、こちらが詳しいです。ブラウザやシステム全体のフォントとしても使えます。

Windows XPでメイリオを使う方法まとめ - 頭ん中

従来のMSゴシックなんかと比べて、かなり劇的に変化します。
どうせなら、もうひとつ、クリアタイプの日本語フォントもインストールしてみては。

一般利用者向けIPAフォントのダウンロード || OSS iPedia

IPAフォント。
IPAこと独立行政法人・情報処理推進機構が提供するオープンソースのフォントです。
メイリオは丸っこい、かわいい系ですが、こちらはもうすこしお堅い、オフィシャルな感じのフォント。
ゴシック・明朝ともに、なかなか美麗です。


»ReadMore…"新ブログへ移転します!"

新AZ::Blogへの道

written by overQ

June 1, 2008::Sunday

neoAZ

neoAZ posted by overQ2.0

だいぶ出来てきました、WordPressバージョンの新AZ::Blog。
先週の今頃は、土日だけで完成できるなどと、甘々の予測を立てていましたが、まだしばらくかかりそうです。

やっぱり、自分でテーマを作るのは、ものすごく大変。
デザインのアイデアを発想するところから始めたんで、最初の試行錯誤に膨大な無駄時間が。
四つくらい、別なレイアウト、作ってしまったよ( ;∀;)
さらに、アイデアを実際の形にする過程で、技術的な壁が次から次へと我先に立ち上がり。
CSSだけではなく、PHPやWordPress自体の知識も必要だし。
死ぬかと思いました。

それでもなんとか、目鼻はついてきた。
あらゆる困難について、答えはネットで見つかる。
ここ5年くらいでも、ネット上の情報は(技術的なことは特に)、質量ともに飛躍的に向上してるようです。
外人さんがすごいっすね。面白いのは、これまでは途上国とされていた国の人たちが、各所でイニシアチブをとりつつあるということ。
富の配置が変化してきてる…石油・穀物高騰やら環境やら、投機マネーのデタラメなまでの移動のせいで。 *1
富の配置、のみならず、何が富であるかさえ、移動しつつ。


*1 : 環境は「正義」ではなく市場の符牒として存在していて、そこから正義を再定義している。

Firefox3がまもなく登場! そして、ギネスに挑戦。

written by overQ

May 30, 2008::Friday

Download DayFirefox3がいよいよ登場。
一日のダウンロード数で、サーバ限界ギネスに挑戦するそうです。

懸念の、メモリが徐々に喰われつづける件、よくなったように思えますが、どうなんだろ。

ギネスに挑戦の告知は、以下の通り。もう間もなく始まるんじゃないでしょうか。

24 時間最多ダウンロードソフトとしての世界記録挑戦に、あなたも参加しませんか? その方法は、とっても簡単。Firefox 3 を Download Day 期間中にダウンロードするだけです。剣を飲み込めとか、顔に 30 本スプーンを乗せてバランスを取れとか、そんな無茶なお願いはしていませんよ。

ちなみに、Firefox 3 の正式リリース日はまもなくこのサイトで発表されます。ぜひまた見に来てください! あなたも今すぐ参加登録して、一緒にギネス世界記録を目指しましょう!

→UbuntuのFirefox3はRC1でした(⌒_⌒;) わかりにくいところに書いてあった。


Recent TaraHon

たら本47

たら本 第46回、開催中♪

今回の御題は、
「つい、うっかり」

たらまーさんは、「慧の本箱」の慧さんです。

※→たら本とは。

Special

九十九夜・5分で読めるファンタジー 家庭菜園一族・星家のベランダ菜園日誌 QnapShots マイ・フォト・アルバム 私のたら本 My Favorite Books カフカのK K for Kafka 夜歩く・百鬼夜行を追って 猿田彦幻視行・京都ちゃりんこ民俗学 アラビアンナイト紀行・本の中を旅してみたい ぶく河馬 オリジナル・ブックカバー

Cream from AZ::Blog



カフカの友人クービン

Category

京都 in DEEP ツン読バベルの塔
お料理実験室 笑角ヽ(´ー`)ノ
映画の横好き 音楽のときめき
詩を書いた 写真とお絵描き
技術系 謎
兄萬(アニメと漫画と) インフォ

5ive Borges

伝奇集
伝奇集
…「もうひとつの世界」は逃避の産物ではない。むしろ現実に侵入し、逆にそれを変えてしまうもの…幻想文学のマニフェストともそのパロディともいえる「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」にはじまる、十七の迷宮。現代文学の狭苦しい迷路を脱し、はるか広大な、古代以来の文学本来の伝統へ。

七つの夜
七つの夜
…ボルヘスが故郷ブエノスアイレスでおこなった講演記録。神曲、悪夢、千夜一夜、仏教、詩、カバラ、盲目について語るボルヘス。平易な言葉で聴衆を夢見の迷宮にいざないます。知性以上に、心に訴えるものがあり、たいへん感動的。ポストモダンなボルヘス観は、ちょうどカフカを実存主義で読むように、似て非なるものだったかも。

不死の人
不死の人
…「伝奇集」とならぶ、代表的な短篇集。考えてみれば、ボルヘスはわずか二冊で、文学史に大きな地位を占める。歩留まりがいいです。

創造者
創造者
…ボルヘスは小説よりも詩をたくさん書いた。詩人と自称したかったかもしれない。しかし、尊敬するチェスタトン同様、彼は短篇小説家として記憶に残っていくだろう。詩もまた、幻想短篇の延長で、たしかに読むことができるもの。

Borges This Craft of Verse (Charles Eliot Norton Lectures)
Borges This Craft of Verse (Charles Eliot Norton Lectures)
…1967年、ハーバード大学でおこなわれた講演のCD。ボルヘスはなまりの強い英語で話しています。邦訳もあり(「ボルヘス、文学を語る―詩的なるものをめぐって」)。詩をめぐって語られたこの講演は、近現代の文学観をはるかに越え、人類と言葉のより古く普遍的な関係を想起させます。

※最重要エッセイ集「続審問」は、国書刊行会から近刊予定(ずっと予定のままだけどw)。以前は、「異端審問」という題で、晶文社から出てました。

※ボルヘス編集の世界文学の集成「バベルの図書館」シリーズ 。各巻に附されたボルヘスの序文がすばらしいです。序文だけまとめて、一冊にしてくれると、最良の文学案内になるのに!

Search




Search for:
Articles
Comments
Both

99Nights

九十九夜

九十九夜
5分で読めるファンタジー。
不思議と幻想を、詩のような言葉でつづってみました。
天使が悪魔が河童が田村幸子が、
夜や塔や迷路やあなたの隣室に跳梁跋扈。
毎回、猫のイラストが迷宮へといざないます。
あと、九つ。

Comments

Powered by

powered by movabletype
Movable Type 3.36