AZ::Blog はんなりと、あずき色☆: 私のたら本 アーカイブ

たら本43 「音とリズムの文学散歩」

written by overQ
March 26, 2008
Rock-a-bye, baby, thy cradle is green;
Father's a nobleman, mother's a queen;
And Betty's a lady, and wears a gold ring;
And Johnny's a drummer, and drums for the king.

ロッカバイ、ベイベー、ゆりかごはグリン。
父さん、貴人で、母さん、クイン。
ベティは淑女で、指輪は黄金。
ジョニーはドラマー、王者の行進。

"Rock-a-Bye"

ロック、ベイベー、ジョニーのドラム。

じつはこれ、ロックンロールの歌詞ではなくて、マザーグース。
Rock-a-byeは、「ねむれ、ねむれ」とゆりかごを揺すっているさま。

たら本43回「音とリズムの文学散歩」というわけで、たら本43は、「おかぼれもん。」のpicoさん主催
「音とリズムの文学散歩」

今回は、長い前置きののち、大好きなジョン・レノンについて、(その奥義の一端を)かたってみようと思っています。
そうですね…最初(アルファ)から最後(オメガ)まで読めば、幸せになれるかも☆


マザー・グース

Rock-a-Byeは、マザーグースのバージョンのほかに、アメリカでよく知られてる別な歌詞があります。

Rock-a-bye baby, in the treetop,
When the wind blows, the cradle will rock,
When the bough breaks, the cradle will fall,
And down will come baby, cradle and all.

ろっかばい、べいべ、木のてっぺん
風が吹いたら、ゆりかご揺れて
枝が折れたら、ゆりかご落ちて
ゆりかご、赤ちゃん、みな、どっすん

この曲はメイフラワー号とともにもたらされ、若いピルグリムがネイティブ・アメリカンの子守する様子を見て作った、「アメリカ最初の詞」…という伝説があるそうです。
曲を聞くと、映画などできっと聴いたことのあるメロディ。
子守歌なんです。みんな、夢の中へと落ちていく。(どれくらい催眠効果があるかは、こちらで。)

対訳 英米童謡集 (岩波文庫)対訳 英米童謡集 (岩波文庫)


岩波書店
1998-08-17
在庫あり。

by AMAZ君(改)

マザーグース(かあさんガチョウ)は、1781年にロンドンで出版された伝承童謡集の架空の作者名。
シャルル・ペローのガチョウおばさんから拝借したものだそうです(「対訳英米童謡集」まえがき)。
英国生まれですが、その後アメリカに渡って、広く親しまれた。

マザーグースはいろんな作家やミュージシャンに霊感を与えています。
マラルメ、ジョイス、ルイス・キャロルから、
アガサ・クリスティ、ジョン・レノン、パタリロまで。
とりわけ英語圏に生まれた人にとっては、
母国語のいちばん真ん中あたりに取り憑いているのかもしれません。
英語の強弱のリズムをnursery rhymeによって身につけていく。
思わぬところになにげに引用されていたりする。
「かあさんガチョウ」というイメージ、なにか元型に触れるものがあるようです。

対訳 英米童謡集 (岩波文庫)対訳 英米童謡集 (岩波文庫)


岩波書店
1998-08-17
在庫あり。

by AMAZ君(改)

まあ、どれもこれも、意味不明で(笑)、
反復する音とリズム、ずれていく意味が、
非常に幻怪な気分にさそいます。
辻占でもしているような、
曖昧模糊としたものから、おぼろげな何か(=神の声)が聴こえてきそうな。
同じ音なのに違う意味、違う意味なのに同じ音
…この繰り返しで畳み掛けられると、人間の脳は、
「意味」を幻聴するよう、錬成されていく。
Light と Night が韻を踏むと、
それをたんなる偶然以上の、
意味ある符合と考えたがる。
妖しい神が降りてくる。


アガサとマザー・グース

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー

早川書房
2003-10


by AMAZ君(改)

クリスティは犯罪小説にマザーグースを用いて、妖しい雰囲気(=「真相」が隠されている、という気配)を醸成する。
奇抜なトリックを思いつく影に、どこか狂気のよぎるアガサという女。
「そして誰もいなくなった」の登場人物はちょっと夜神月にも似ていて、死神の呪いがかかっています。(これ以上はネタバレになるので書けんw)

"One little indian boy living all alone." What was the last line again? Something about Being married-or was it something else?

And of course, that was the last line of the rhyme.
"He went and hanged himself and then there were none...."

「ずっと、インディアンの少年はひとりぼっち、生きてきたのです。」
で、このあと、続くのは? 結婚だったかしら、それとも別の何か?

そして、もちろん、このあとに続く、最後の言葉は、こうだ。
「彼は首を吊り、そして誰もいなくなった。」

Agatha Christie "Ten Little Niggers"

マザーグースのCDも紹介しとくと、これがすんごく楽しいです。
岸田今日子、柳葉敏郎、甲斐よしひろ、イッセー尾形、吉田日出子、清水ミチ子…と、多種多彩な面々が、一曲ずつ歌っていきます。
和田誠の訳詞もすばらしい!

オフ・オフ・マザー・グースオフ・オフ・マザー・グース


EMIミュージック・ジャパン



by AMAZ君(改)


ジョンとマザー・グース

意味と音が交錯する幻想が、多くの人を魅了するマザーグース。
ジョン・レノンも、ルイス・キャロルを経過して、マザーグース的なものに惹かれた一人。

Words are flowing out like endless rain into a paper cup,
They slither wildly as they slip away across the universe.

言の葉はあふれ出て止まらない雨みたいに紙コップの中へ
スルスルと広がるさまはまるでスッテンコロリン宇宙を横切っていくよう。

"Across The Universe"

蟲師で脱走する文字みたい。
音楽を抜け出て、レノンの書きためた妙ちくりんな詩や散文は、本としても出版されてます。
ビートルズ時代に二冊、主夫時代に書いてたのを死後まとめたのが一冊。
強烈な言葉遊びが炸裂する、たいへんおもしろい本ですが、英語が母国語でないものには、完全にはわからない(;・∀・)

Amo amat amass:
Amok amink a minibus,
Amarmyladie Moon,
Amikky mendip multiplus
Amighty midgey spoon.

(意味不明)

"Arec Speaking"


ジョンの描いた得体の知れない絵もいっぱい載っています(ポール・マッカトニーの推薦文つき)。

In His Own WriteIn His Own Write
John Lennon

Simon & Schuster
2000-10-10


by AMAZ君(改)

無謀な日本語訳→絵本ジョン・レノンセンス

In His Own WriteIn His Own Write
John Lennon

Simon & Schuster
2000-10-10


by AMAZ君(改)

途方泣き日本語訳→らりるれレノン―ジョン・レノン・ナンセンス作品集

In His Own WriteIn His Own Write
John Lennon

Simon & Schuster
2000-10-10


by AMAZ君(改)

大胆な日本語訳→空に書く―ジョン・レノン自伝&作品集


赤毛のアンとブラウニング

赤毛のアン (講談社文庫―完訳クラシック赤毛のアン 1)赤毛のアン (講談社文庫―完訳クラシック赤毛のアン 1)
ルーシー・モード・モンゴメリー

講談社
2005-04-15
在庫あり。

by AMAZ君(改)

さて、ここで唐突に「赤毛のアン」が登場します。本題はここからだw
その最後の一節、

' "God's in His heaven, all's right with the world," ' whispered Anne softly.

「『神は天にいまし、世はなべて事もなし』」アンはやさしくささやいた。

「' "」と二重に囲われ、アンがささやく引用。
有名なブラウニングの詩。
ブラウニングは、19世紀英国を代表する桂冠詩人。
Robert Browning - Wikipedia, the free encyclopedia

日本でも上田敏「海潮音」(春の朝)以来、よく親しまれています。
エヴァンゲリオンで、ネルフのマークに円く描かれているのも、これ。
上田敏からヱヴァ。
なんて長く途切れない神秘の糸。

The year's at the spring
And day's at the morn;
Morning's at SEVEN;
The hill-side's dew-pearled;
The lark's on the wing;
The snail's on the thorn;
God's in his heaven -
All's right with the world!

"Pippa Passes"

「一年では春が、
一日では朝が、
朝では七時がいちばん好き!」
という、春はあけぼのの枕草子のような言葉から始まり、
「丘の斜面で真珠色に光る露、
翼を伸ばすヒバリ、
角を出すカタツムリ
…そして、天には神がいて、世界は万事快調!」
と絶頂を鼻歌でうたう天使の詩。
完璧な韻が、軽々と、達成されている奇跡。

対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選〈6〉 (岩波文庫)対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選〈6〉 (岩波文庫)
ブラウニング

岩波書店
2005-12-16


by AMAZ君(改)

Pippa Passes(ピパがゆく)という長い詩劇で、
春の朝七時、ピパという女の子が口ずさむ。
じつは、丘の上の邸宅で愛人と共謀し夫を殺す妻の劇で、
無垢なるピパが歌いながら表を駈けていくのを聴いて、改心して自殺するという、驚愕の内容( ;´Д`)
ピパは天使なんです…passという動詞は、angelを主語にとる…死神かもしれませんが。
「神は天にいまし、世はなべて事もなし」。
「The snail's on the thorn」という一句がピリリと刺さっています。

「赤毛のアン」は扉言葉にもブラウニングの引用があります(村岡訳では省かれている)。

The good stars met in your horoscope,
Made you of spirit and fire and dew.
BROWNING

良き星々が天空でめぐりあう時、精霊と
炎と露から、あなたを作ったのです。

アン、君は天から落ちてきた子供。
ものすごく神秘的な詩です。
占星術から始まり、三位一体や四大、第五元素のことを連想させる。
dew(露)が、扉言葉と最後の詩とで一致していて、このふたつの呼応のうちに、アンの少女時代はある。

アンは風の又三郎のようによそからやってくる子。
アヴォンリーの風景のうちにビジョンを見、不思議な言葉を使う、緑の家に住む赤毛の女の子。
グリンゲーブルズのあるプリンス・エドワード島は、もとはインディアン・ミクマク族の聖地。死者の魂と会合できるという、秘密の場所。

たぶん意図的に「赤毛のアン」には神秘主義的モチーフが仕組まれている(と私は読みたがっている)。
その観点から読むと別な世界が開けてくるはず。
dew や perl や stars などが、どのようにちりばめられているか…細部まで神秘は行き渡っています。
それは、極端に単純化すれば、この世界におくりこまれる神の子の物語。転生の。
(神秘主義的なモチーフで、日本の自然の中で、リメイクしてみたいです。)

Ebook Download | Girlebooks - free ebooks by the gals


ジョンとブラウニング

ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)


EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2007-12-04


by AMAZ君(改)

さて、ジョン・レノンに戻るのですが、晩年レノン夫妻は、自分たちがブラウニング夫妻の転生ではないか、と考えていました。
そして、生まれたのが、「ダブル・ファンタジー」。

ブラウニングは、妻エリザベスも夫ロバートも詩人でした。
レノンは、ロバート・ブラウニングの RABBI BEN EZRA の冒頭の一節を借りて、名曲 Grow Old With Me を作ります(「ミルク・アンド・ハニー」所収)。 *1

Grow old along with me!
The best yet to be.

いっしょに年をとろうよ、
最高の時はまだ来てないのだから。

ミルク・アンド・ハニー(紙ジャケット仕様)ミルク・アンド・ハニー(紙ジャケット仕様)


EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)



by AMAZ君(改)

「後半の人生のために、それまでの人生はあったのだ」(The last of life, for which the first was made)
と続くこの詩は、神の御手のうちにありつつ、後半の人生を積極的に見出すもの。
肉体の見せる幻が去って、永遠への道がうっすら見えかかるお年頃。
ブラウニングが、11世紀スペイン・トレドの賢者ラビ・ベン・エズラの、劇的独白として書いた詩。
40歳を迎えたレノンにとって、Starting over を開始する合図となりました。
…でも、あの事件が起きてしまうわけですが。

God in his heaven も、別な曲で歌詞に盛り込まれています。

Moonlight on the water
Sunlight on my face
You and me together
We are in our place

Gods're in their heaven
Angels treat us well
Oracle has spoken
We cast the perfect spell

John Lennon "Cleanup Time"

神が複数形になってるのが、東洋的。(というより夫婦神=両性具有ってことらしい。イヴとともにある原初のアダム。篠山紀信の撮ったジャケット写真に見事に念写されています。)
月光、陽光、神々、エンジェル、神託、魔法の呪文…と非常にマジカルな歌詞。mixed emotion at my thoughtlessness.
ジョンは自分の運命に、うすうす気づいていた形跡があるのですが。

さて、「赤毛のアン」の扉言葉に引用されたのは、Evelyn Hope というブラウニングの詩の一節。「男と女」(Men and Women)という詩集に収められています。
Evelyn Hope という16歳で亡くなった少女に、48歳の男が秘めた思いを熱く寄せ、転生の果てに結ばれることを歌います。
(岩波文庫の注では、「ロリータ」みたいだと書いてあったw)

Is it too late then, Evelyn Hope?
What, your soul was pure and true,
The good stars met in your horoscope,
Made you of spirit, fire and dew―

And, just because I was thrice as old
And our paths in the world diverged so wide,
Each was naught to each, must I be told?
We were fellow mortals, naught beside?

No, indeed! for God above
Is great to grant, as mighty to make,
And creates the love to reward the love:
I claim you still, for my own love’s sake!
Delayed it may be for more lives yet,
Through worlds I shall traverse, not a few:
Much is to learn, much to forget
Ere the time be come for taking you.

But the time will come―at last it will,
When, Evelyn Hope, what meant (I shall say)
In the lower earth, in the years long still,
That body and soul so pure and gay?
Why your hair was amber, I shall divine,
And your mouth of your own geranium’s red―
And what you would do with me, in fine,
In the new life come in the old life’s stead.

もう遅すぎるのか、エヴリン
清らかで澄んだ君の御魂
良き星の下
霊と火と露から造られしもの…
君とは三まわりも年の離れた身
この世での道行きはまるで引き裂かれ
たがいに離ればなれ、ということか
死すべきさだめを、それぞれひとりで

いや、ちがう。天なる神は
寛きこころのままに、みわざをふるうもの
愛には愛を報いと創られる
わが愛を賭けて、君を求める
何度生まれ変わってでも
あまたの世界をくぐり抜け
多くを学び、多くを忘れるだろう
君をわが手にするまでに

しかし、その時は、来る、きっと
その時にはエヴリン、たえなる願い
下方の大地で、はるかな昔
肉体と魂が明るく澄んでいたわけを語ろう
なぜ君の髪が琥珀色であったか、そのわけを
君の育てたゼラニウムのように赤い唇のわけを
そして古き生にとってかわる新たな生のもと
君が私にとってどれほど尊いものであるかを。

赤毛の女の子は、ヱヴリンの転生なんでしょうね。
なぜアンが赤毛であったか、その理由はあるのです。
この詩が、老いと転生を通じて、Grow Old Along With Me と強く結んでいることにも注目。
ブラウニングは、神、魂の不死、自由を確信していた。そして、レノンはおのれをその転生とみた。
この流れにしたがって語るなら、ジョンは不死の愛とともに転生し、やがてはこの世界ではない場所で、永遠のうちに愛が成就されるはず。
いやあ、思いっきり神秘主義的な考えですが(⌒_⌒;)
ひとりは悲しみ、ふたりは喜び。God's in his SEVEN.

One for sorrow, two for joy,
Three for a girl, four for a boy,
Five for silver, six for gold,
SEVEN for a secret never to be told.

ひとつは悲しみ。ふたつは喜び。
みっつは女の子、よっつは男の子。
いつつは銀貨、六つは金貨。
七つはひみつ、いいっこなしよ。

- Mother Goose


*1 : オノ・ヨーコさんは、そのカウンターソングとして、エリザベス・ブラウニングの詩をもとに、Let me count the ways.(How do I love you?)を奏でる。



次回たら本、もうすぐ。

written by overQ
March 19, 2008

たら本43バナー

次回たら本、もうすぐ始まります!
今週後半から来週はじめくらい、とのお知らせ☆
主催者さまは、「おかぼれもん。」のpicoさま。第二回の主催者さま、再臨。

お題はまだ内緒ですが、上のバナーの背景は楽譜ですから。
(ほとんどバレバレかもw)

ヒントは、
「ぼくには<始めと終り>があるんだ。こうして、長いあいだ、空を見ている。…、いつまでも 続く、…。 踊っているぼくを、君は、見ている。」

  +

今回のバナーは、はじめてGIMPで作ったのが、自分的にはちょっと嬉しい(* ^ー゚)ノ
GIMPは、Linuxには標準搭載されているフォトレタッチソフト(Win版・Mac版もあり)。
フォトショップに手が慣れてると、こまごました操作で最初は戸惑うのですが、
だいぶ使えるようになってきました。
慣れっすよね、やっぱ(敬語表現)。

ミルク・アンド・ハニー(紙ジャケット仕様)ミルク・アンド・ハニー(紙ジャケット仕様)


EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)



by AMAZ君(改)



たら本41 「私家版・ポケットの名言」

written by overQ
January 26, 2008

たら本41回「私家版・ポケットの名言」たら本41です。
今回は、「ソラノアオ。」の天藍さん主催。お題は、
「私家版・ポケットの中の名言」

本の海から掬い上げた、「打ちのめされた」一言、「これがあったからこの本を最後まで読み通した」という一行、心震えた名文・名訳、名言・迷言・名台詞、必読の一章…、そういった「名言」をご紹介くださったらと思います。

名言の金太郎飴

というわけで、「名言」をもとめて。
最初は脳内を検索してみたものの、どの本のどの箇所のどの言葉と、ちゃんと記憶してるのが、あまりない…汗。
で、外部記憶…すなわち図書館に立ち寄って、棚からテキトーに本を出して、パラパラめくってみることに。
…すると意外とこれが、簡単に「名言」が見つかるのです。
文脈に埋もれてるだけで、本というのは、どれも思いのほか、名言を含んでいるらしい。

とりわけ、古代の聖典は、名言の宝庫。
どこを開いても、金太郎飴のように、名言が出てくる。科学以前の世界においては、名言=真理。その集成として、まさに人類の叡智だったようです。
同様に、哲学書なんかも名言を連発する傾向が。

情熱的な時代には感激が統一原理であるように、情熱がなくてはなはだ反省的な時代には、妬みというものが消極的な統一原理となる。
キルケゴール「現代の批判」
キルケゴールはとりわけ「名言」を吐きまくるタイプ。どこを開いても、三つや四つの名言が(゚▽゚*) 現在日本的な一文。
人間はいくら骨を折っても、模倣によらなければ美しいものをなにひとつつくりだせない。趣味の正しい手本はすべて自然のうちにある。この巨匠から離れると、それだけわたしたちの絵はゆがんだものとなる。
ルソー「エミール」
エミールなので絵を見る話(寒)、てわけじゃないけど、芸術の自然模倣説。ルソーが言い出しっぺなんだ。初めて知ったw でも、「絵」は人間のエコロジカルな営み全般と読むか今どき。
国際法が戦争への権利を正当化する法を含むとすると、こうした国際法の概念はもともと無意味である。
カント「永遠平和のために」
ああ。国連って。最近、池内紀さんの訳も出た。
しかし確かに人間の性質はひどくひねくれている。じつにそれをよろこぶ気持を心の中に孕んでいるほどに。
パスカル「パンセ」
パンセのような箴言集のスタイルは、まさにどこを切っても名言金太郎飴。文脈をとうとうとつらねない書き方と、名言は深く関係。

古典から名言を引用すると、かしこそうに見えるなあ(-◎_◎-)ゝ
しかし、じつは全然読んでなかったりして(なぜか自慢げ)。
パラパラめくるだけで、「名言」はカンタンに見つかるという事実。
しかも、書き取ってるうち、読めた気にさえなってくる(笑)

岩波さんは文庫の別冊付録のような、名言集を何冊も作っています。
けっこうカンタンに作れるんじゃないか知らん。
学生さんだと、自分で作ってみるのが、いい勉強法になるかも。
(以下、いろいろ「名著」から引用するけど、図書館で二時間ほどで採集したものだったりします…全部は読めぬ。。)

ことばの贈物―岩波文庫の名句365 (岩波文庫別冊)ことばの贈物―岩波文庫の名句365 (岩波文庫別冊)


岩波書店
1985-05-16
在庫あり。

by AMAZ君(改)

シャアとシェイクスピアと

おれは衆人の欲し求めるものなど選びはしないぞ。凡人どもとつきあえる男ではない。無知蒙昧な大衆の仲間入りはまっぴらだ…さあ今度はお前だ、銀の宝庫! もう一度、お前の銘を聞かせてくれ。「我を選ぶ者は、己れにふさわしいものを手に入れるべし」
シェイクスピア「ヴェニスの商人」(福田恒存・訳)

哲学や聖典の名言とは別に、セリフ系の名言もあります。
シャア・アズナブルとか、シェイクスピアとか。
大仰なセリフを唐突に吐きまくるキャラというのが、いるもの。
あれは何なのか。(「あれ」いうな)

上のセリフはヴェニスの商人から。
(この本は読んだはずなんだが。なぜか各所に初読感が…orz)
「無知蒙昧な大衆の仲間入りはまっぴら」ってとこが、何ともはや、ニュータイプのような発言となっていますw

日常生活で、こんな大げさなセリフを口走る人はいません。
いや、いるかもしれないが、それは日常の人とはみなされない。
「神がかり」
そう。このようなセリフはもともと、神の声を託宣する、おら狂ってるオラクル(神託、Oracle)ではなかったか。

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)
ウィリアム シェイクスピア

光文社
2007-06
在庫あり。

by AMAZ君(改)

真理の箴言集である古代の聖典。
もともとは、ギーターでも詩篇でも、神託を集めたものから出発してるはず。
その時代その時代で、未来を予測しえる(と信じられた)もの(=真理、名言)。

だんだん「神の言葉」の意識が薄れてくる。
論語だと、孔子という人間がのたまった言葉になってる。ただ孔子は伝説的偉人として、ほぼ神な存在。
ソクラテスは、当人が神がかりで、ときおり神(デーモン)の声を聴く。
(近代では哲学者が(詩人以上に)、その細々とした生き残りだったかもしれません。キルケゴールからウィトゲンシュタインまで、「変な人」と遇された。今は絶滅した種族である「哲学者」。)

シェイクスピアの登場人物まで下ってくると、人間ではあるのだけれど、神々を演じたギリシャ劇とおなじ舞台の上、まだ伝統はかすかに残る。
大仰なセリフを吐くのは、彼ら彼女らが「神の声」を残響させているからにちがいない。
歌舞伎なんかも、登場人物たちは、牛若丸・曾我五郎からお岩さんまで、みな正体は「御霊」。かつては神であったものだから、大見得も切るわけだ。

神の言葉は断片的。
文脈を欠いて、単独で示される真理。未来の破片。そのせいで、わけのわからないことも多いが(;・∀・) *1


神の声

魔境を怖れてこれに入らぬ方便を求むる、即ちこれ魔境なり。
夢窓国師「夢中問答集」
という禅師の言葉にしたがって、神の声を聴いてみる。
名言をあさっていて、いちばんうさんくさいかっこいいのは、神の言葉。
何を言ってるのか、よくわからなくてもw
もし私があなたのことを把握可能なものであると知るとすれば、私はあなたについて満たされることがありません。なぜならば、私は、把握不可能で無限なるものとしてのあなたに向けて、あなたによって導かれているのですから。
クザーヌス「神を観ることについて」

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)
ウィリアム シェイクスピア

光文社
2007-06
在庫あり。

by AMAZ君(改)


これを読んで、なぜかチャック・ベリーの歌を思い出す。 *2
Now you can't catch me, baby you can't catch me.
'Cause if you get too close, you know I'm gone like a coool breeeze.
Chuck Berry "You Can't Catch Me"

ベスト・オブ・チャック・ベリーベスト・オブ・チャック・ベリー


ユニバーサル インターナショナル
2006-01-25


by AMAZ君(改)

では、捉えられないものを捉えたとき、どうなるか。対立物が一致する、神秘的な結合。捉えることは、捉えられること。空と大地の結婚。

魂が愛の中で完全に神の内に溶けこむとき、魂は愛についての他、何にも知ることがなくなる。魂はすべての人が自分と同じように神を認識していると考える。だれか神だけではなくそれ以外に何か別なものを認識するという人があれば、そのことは魂を驚かせるにちがいない。
「エックハルト説教集」
「無限の隔たり」と「完全な合一」
この両極を行ったり来たりして、あれやこれやの表現を繰り出してくるのが、神秘の声らしい。
「宗教」の棚にあった本をブラウズしてると、こういうのばっかり出てきたので、ちょっとパターンが見えてきた(・∀・)
現代のラブソングになぜか、ものすごく似ています。 *3


夢中問答

万物の夜において、自己を制する聖者は目覚める。万物が目覚める時、それは見つつある聖者の夜である。
「バガヴァッド・ギーター」

ベスト・オブ・チャック・ベリーベスト・オブ・チャック・ベリー


ユニバーサル インターナショナル
2006-01-25


by AMAZ君(改)


これが今回見つけたうち、いちばんかっこいかった(* ^ー゚)ノ *4
現実が虚妄で、夢の中に真実がある、というのは、神秘主義の定番。でも、思わぬとこに、似たようなものが見つかる。
正気に返って自己を取り戻せ。目を醒まして、君を悩ませていたのは夢であったことに気づき、夢の中のものを見ていたように、現実のものをながめよ
マルクス・アウレーリウス「自省録」

自省録 (岩波文庫)自省録 (岩波文庫)
マルクスアウレーリウス

岩波書店
2007-02-16
在庫あり。

by AMAZ君(改)


超難解なプラトンの次の説も、この系統の天文バージョンとして読むべきなのかもしれない。「神曲」っぽい。
不死と呼ばれるものの魂は、穹窿のきわまるところにまでのぼりつめるや、天球の外側に進み出て、その背面上に立つ。回転する天球の運動は、そうして立った魂たちを乗せてめぐりはこび、魂たちはその間に、天の外の世界を観照する。
プラトン「パイドロス」

パイドロス (岩波文庫)パイドロス (岩波文庫)
プラトン

岩波書店
1967-01-16
通常1〜4週間以内に発送

by AMAZ君(改)


「名言」を漁ろうと、「荘子」とか「孟子」とか「老子」とか「味っ子」とか、「〜ッ子」シリーズをパラパラめくってたんですが、「列子」というのが、ものすごく面白くて、ちょっと読みふけってしまいました。
老荘の系譜。幻怪な話が次々に繰り出します。
形而上の理論から、ホラ小話みたいなのまで、たぶん複数のソースからゴチャ混ぜに採った不思議な編集。
昔の人は、この世界この現実を、我々が今、ファンタジーと呼んでいるもののようにとらえ、そこに棲息してたことがよくわかる、奇ッ怪な書です。
西極の南隅に国あり。境界の接する所を知らず、古莽の国と名づく。
陰陽の交わらざる所なるが故に、寒暑の弁(わかち)なく、
日月の光の照らざる所なるが故に、昼夜の弁なく、
その民、食わず衣(まとわ)ず。
また多く眠りて五旬(=50日)に一たび覚む。
夢の中に為す所のものを実(まこと)なり、覚めたるときに見る所のものを妄なり、と以(おも)えり。
「列子」

この「西の極み」の国 *5 、なぜかしら、三蔵法師(玄奘)の「天竺」を思わせる。これだけは、このお題で最初に思いついたもの。They say it was in India.

「印度」とは、唐で「月」ということである。月には多くのよび方があるが、「印度」というのはその一称である。その意味は、もろもろの生あるものは輪廻してとどまることがなく、その無明の長夜には晨(あした)を告げることもない。それはあたかも、白日が隠れてしまうと宵のともし火が光をひきつぐようなもので、たとえ星の光が照らすことはあっても、どうしてはっきりした月の明るさにおよぼうか。まことにこのような道理により、これにちなんで月にたとえたのである。実にその地の聖賢が遺法を受け継ぎ、凡人を導き、物を治めるあり方は、ちょうど月が天下を照らすものであり、この意味からこの地を印度というのである。
玄奘「大唐西域記」
無明の永夜を照らす月。太陽その物ではなく、その御影であれ。仏陀。西の西。西方浄土。浄められた夜。

大唐西域記〈1〉 (東洋文庫)大唐西域記〈1〉 (東洋文庫)
玄奘

平凡社
1999-05


by AMAZ君(改)


*1 : それと、占いに使えるように、いろんな意味に取れる、あいまいさがあるのが、神の声。
ここから同音異義語の掛詞が発生するんだと思います。多義的。神の言葉の特質。
書き言葉がかっちり成立してしまうと、掛詞も技法となり、やがて「ダジャレ」と貶められるまでに。でも、歌舞伎や落語に特に残ったことは、偶然ではない。
*2 : 愛車のMaybellene号を歌ったもの
*3 : 宗派とは関係なく、中国でもヨーロッパでもインドでもアメリカでも、みんな同じようなことを、あの手この手の表現で繰り返しています。
でも、同じようなことを言っていても、だからといって仲良くできるわけではない。「俺がやるか、お前がやるか」、それが問題だから。自民党みたいw
*4 : バガヴァッド=バガボンド…と思います。当てずっぽうだけど、たぶん正しい。
*5 : カフカ「城」の城主は「ヴェストヴェスト=西の西」と呼ばれる



たら本41、もうすぐ。

written by overQ
January 19, 2008

たら本41バナー

もうい〜くつ寝ると、た〜ら本♪

というわけで、もうじきたら本が始まるらしいです。
いまだお正月気分を持続させようと悪戦苦闘しています。

41回目の主催者さまはソラノアオ。の天藍さま
お題は、まだ、ひ・み・つ。
ヒントは…バナーのようなお題(のはず)。

メガネがあることから、横山やすし師匠(「メガネ、メガネ…」)と関連があるかもしれません。ないかもしれません。
きよし師匠だと、「小さなことからコツコツと」ですね。三枝師匠だと、「いらっしゃーい」

以上がヒントです。うーん、わかりやすい(゚▽゚*)?
(メガネの下の英書、なにだかわかる方、おられるでしょうか。画像の少ない情報だけで。)

スタートは今週終わりから来週初めあたりらしいです。
みなさま、ぜひぜひご参加くださいませ。

これまでの、たら本。

あ。そうそう。
たら本FAQというようなものを作りたいと思ってるんですが。

ちょいと草案を書いてみますわね。

Q:たら本って何ですか?

A:「タラバガニ漁、本格シーズン到来!」の略。本をご紹介くださった方の中から抽選で百名様に、兵庫県香住町直送、とれとれピチピチのタラバガニを…

って、だめだ、また、ギャグ系に走っているではないか(;・∀・) 特殊体質か。
まあ、この質問はすでに答えてあるので、よいとして、次。

Q:誰でも参加できますか?

A:はい。誰でも参加できます。

おお。
これだ。簡単だ。
こういう調子で次もいきたいところ。

Q:正方形のヘンなバナーは誰が作っているのですか?

A:それはoverQ画伯です。21世紀の画壇を震撼させる天才画家。画伯とお呼びなさいっ。画伯と。失敗してるときも多いですが、それも味(;´Д`)

Q:たら本で、ブログ友だちの輪が広がりますか。

Q:主催者さんに選ばれてしまいました。何をどうすればよいでしょう?

A:主催者さまのガイドラインとしましては。
「お題を決めてくださいませ。」
…基本的には、それだけですヽ(´ー`)ノ
あとは、参加されたブログさんにトラックバックを撃ち込んだり、コメントをお返ししたり。
コミュニケーションをとって、楽しんでいただければ。


Q:主催者になったのですが、どうすれば、たくさんの方に参加してもらえるでしょう。裏技とかありますか。

A: ヒトという動物は、他人がしてくれたことに、同じように報いる性質がある…ミラー・ニューロン理論というそうです…サルマネとも(;・∀・)
これを応用すればよいでしょう。
すなわち、いろんなブログさんに、コメントを書いてまわること(笑顔でw)。
それが、たら本…のみならずブログへのアクセス数を増やす一般的な手段らしいです。

Q:次回の主催者さまをどのようにして選んだらよいでしょう?

Q:タラバガニが大漁すぎて困っています。どうすればいいでしょう?




私のたら本 Index