AZ::Blog はんなりと、あずき色☆: ブックカバー☆ アーカイブ

ぶく河馬「丸と格子」

written by overQ
January 15, 2008

ブックカバーのぶく河馬。新作です。
忘れた頃にやって来るこのシリーズ。今回で何回目?(タイムショック風に)

去年の終わり頃、どこかでリンクを張ってもらったらしくて、ぶく河馬シリーズへのアクセスがちょこっと増えました。
それを記念し、感謝のしるしに作りました…というのは嘘(笑)。

こないだから、昔の文庫本で、柳田国男の本を集めているのです。
昭和の頃は、角川文庫にたくさん、柳田の本があった。
以前はよく古本屋さんで見かけたのですが、いざ集めようとするとなかなか手に入らない。
マーフィーの法則が支配する世界。

21世紀版 マーフィーの法則21世紀版 マーフィーの法則
アーサー・ブロック

アスキー
2007-07-12
在庫あり。

by AMAZ君(改)

それでもだいぶ集まってきたので(といっても、まだ、あと五六冊、足りないけど)、
カバーが欲しいなと思って、自分用に作りました。
民俗学っぽく、日本迷彩色。
たそがれの竹やぶとかに隠すと、見えなくなります(なんじゃそれは)。

ところがさ、印刷しようと思ったら、インク切れでしたのよ。
変な黄色い色で印刷されてしまいました( ;∀;)う
というわけで、自分では使えず、けっきょく公のもと、ここに配布するのでありますっ。
インク、高いんだわ。ヒューレット・パッカード(嫌
それにしても、すっかりプロシューマ化してしまった。

21世紀版 マーフィーの法則21世紀版 マーフィーの法則
アーサー・ブロック

アスキー
2007-07-12
在庫あり。

by AMAZ君(改)

そうだ、今日の夜が墓場鬼太郎。
記事を書いたにもかかわらず、今、自分のブログを見て思い出した。録画予約、と。

【ダウンロードのしかた】
ブックカバーの画像をクリックすると、「フォト蔵」のページに飛びます。
そこで、左下の「元画像」をクリックし、さらに右上の「元画像」をクリック。
超巨大画像の下部に、「この写真をダウンロードする」があります。
ブックカバーは、短い方の辺が、14.8〜15cmくらいに印刷するとよいです。


投稿者 overQ : 6:31 PM | トラックバック


ぶく河馬 #002「砂漠の赤い風」

written by overQ
September 7, 2007

ハイスミス「変身の恐怖」

オリジナル・ブックカバーのぶく河馬、第2弾です。
今回は、イスラムっぽいのをイメージしてみたのですが、イメージしただけに終わったかもしれません。共産主義みたいな色になっとる

パトリシア・ハイスミス「変身の恐怖」の英語ロゴを入れてみました(The Tremor of Forgery)。

「イスラム、共産、ハイスミス」
ゴロはいいけど、三者には特に関係というものはないのです。いや、あるかもな。
「ハトムギ、玄米、月見草〜♪」の爽健美茶のメロディで歌ってみてください(* ^ー゚)ノ

「変身の恐怖」ぶく河馬

ぶく河馬「砂漠の赤い風」

【ダウンロードはフォト蔵で】
ぶく河馬「砂漠の赤い風」
ぶく河馬「変身の恐怖」

B4の用紙に、34.8cm × 15.2cm で印刷のこと。
横向きになってますが、縦に印刷しないと、紙に入りきりません。
最近のプリンタはかしこいので、用紙に納まらない時、勝手に縦に置き換えたりしてくれるのでしょうか。

うちの古い・デカい・遅いプリンタには、そういう機能はないです。「自動」とか「簡単」とか「便利」とかいう言葉とは無縁なシロモノ。
あえて形容するなら、「手動」「不便」「苦行」でしょう。
印刷するたびに、かならず印刷量の倍ほどの失敗が出ます。
昔は、紙のサイズが小さいとエラーが出たりしてたんですが、この頃は平然と紙のない場所まで印刷しています。
紙切れの時でも、特に気にとめることなく、印刷にかかることがあります。われわれには見えないものが見えているのかもしれません。
人間的には鷹揚さが身について成長したようですが、残念ながらニンゲンじゃないので、あまりよいことではないようです。
彼とはいつか、コブシで決着をつける日が来る気がします。それも遠い未来ではないだろう。

手(コブシ)で体得する真理が、あるんだ。

変身の恐怖 (ちくま文庫)変身の恐怖 (ちくま文庫)
パトリシア・ハイスミス

筑摩書房
1997-12


by AMAZ君(改)

投稿者 overQ : 6:20 PM | トラックバック


ブックカバーのぶく河馬 #001「月蝕の群」

written by overQ
August 29, 2007

これからちょくちょく、文庫本用ブックカバーを作ってみようかと思ってます。
前にもいくらか作ってたんですが、シリーズ化することに。
名づけて、「ブックカバーのぶく河馬」シリーズ

第一弾は、これ。
昨夜の月食にちなんで、「月蝕の群」と命名。

文庫ブックカバー #001

文庫ブックカバー #003

文庫ブックカバー #002

【ぶく河馬・ダウンロードのしかた】
・この記事のコメント欄に、絶賛狂喜乱舞抱腹絶倒のコメントを寄せる。
・ダウンロードしたい色のブックカバーをクリック。
・フォト蔵の「元画像」をたどっていき(二つあります)、どでかい「856x1973」の画像を開いて、右クリック「画像を名前をつけて保存」などしてくださいませ。

印刷は、B4の用紙に。
ぶく河馬の大きさは、34.8cm × 15.2cm くらい。
印刷する紙や、印刷品質を工夫すると、いろいろ味が出ます。
(品質・高がかならずしもキレイじゃないのがミソ。)
うっすら、折り目のガイドラインをつけていますが、本のぶ厚さによって、折りかた調整してみてね。

「夜間飛行」ブックカバー

題名などを入れると見栄えするかなと思って、作ってみました。
サン=テグジュペリの「夜間飛行」。
あと「人間の土地」も(新潮文庫、堀口大學訳)。

「人間の土地」ブックカバー

現在、新潮文庫版は宮崎駿・絵のカバー。ハヤオに挑戦か?(゜∀゜)?

変身の恐怖 (ちくま文庫)変身の恐怖 (ちくま文庫)
パトリシア・ハイスミス

筑摩書房
1997-12


by AMAZ君(改)

いえいえ、そんな。おこがまがしい。
私の持ってるのは古いバージョンなんで、作ったんです。
でも、えらんだ色味がハヤオのとそっくりだよ。同じ趣味なのか。。
(たぶん、無意識に、ちらっと見た色の印象をおぼえてるんでしょうね。恐るべし、ハヤオ残像。)

【ぶく河馬・ダウンロード】
「夜間飛行」ぶく河馬
「人間の土地」ぶく河馬



アーサー・マッケン「夢の丘」ブックカバー

written by overQ
January 25, 2007

kotaさんが、たら本30「フシギとあやし」で取り上げておられた
アーサー・マッケン著「夢の丘」 The Hill of Dreams by Arthur Machen。

夢の丘 (創元推理文庫 (510‐2))夢の丘 (創元推理文庫 (510‐2))
アーサー・マッケン

東京創元社
1984-09


by AMAZ君(改)

この作品の文庫本用ブックカバーを作ってみました☆
チョイとマイナー、本持ってる方も少ないかも知れないけど、よろしければ本を買ってでも、お使いくだせえまし(;・∀・)

「夢の丘」ブックカバー

There was a glow in the sky as if great furnace doors were opened.

曙の竃(かまど)が空、開いたままの、あかつきの時。

マッケンの「夢の丘」…思えば私、この作品が好きらしくて。10代の終りから、もう4回も読み返している。
この作品には惹かれるものがあるみたい…そんなに自覚はないのだけれど。
ホラーマニアのつもりはないにもかかわらず、レンタル屋さんのホラーコーナーで、もう見てない作品のほうが少ないのと、似てるかしれません。

といっても、「夢の丘」には、今のホラーみたいな派手なシーンはそんなに出てくるわけではないのです。
幻想というジャンルの白眉とされるこの作品。
この作品を読んだきっかけ、あやふやな記憶によれば、それは駆け出しの頃の荒俣宏の文章。
今でこそ妖怪として認定されているアリャマタ氏ですが、その頃は初々しいお兄さんだった。まだ、専業のライターじゃなかったんじゃないかなあ。
荒俣さんは「夢の丘」を読み、作家というものの運命を知った。恐れを抱き、以来、文学者になる野望は捨てた、と。
…いや、それが初めて荒俣宏というモノノケを知った最初のはず。
たしかな記憶かどうかも、さだかでないのだけれど。

「夢の丘」をホラーというなら、ホラー映画の最初の30分間に似ています。何かが起きそうで、いまだ、起きてないとき。
黎明の時、あるいは誰そ彼の時に。
問うて答えの戻るまでの、合間の、あいまい。
何も起きていない、といってもいいかもしれない…それは鏡のように、透明。
うつすべきものだけをうつす、瞬間の永遠。時めくるめくときを、ときめき、という。

ブックカバーはこちら。

ロゴなし/まっ黒助バージョンはこちら。

The Hill of Dreams, available freely at Project Gutenberg




 1  |  2  |  3  | All pages